産学連携ニュース
 産学連携ニュース

白銅、東京理科大、キヤノンMJが金属3Dプリンター材料を共同開発

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

白銅、東京理科大、キヤノンMJが金属3Dプリンター材料を共同開発

このエントリーをはてなブックマークに追加




白銅株式会社、東京理科大学、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は、金属3Dプリンターの造形材料を共同で研究し、JIS規格のアルミダイキャスト材料である「ADC12」の造形レシピの開発に成功した。
白銅は、「ADC12」による造形サービスを2018年4月より開始する。
JIS規格に準じたアルミ合金の共同開発に成功
現在、金属3Dプリンターで造形が可能な材料の多くは、欧米のプリンターメーカーが標準材料として提供している欧米市場向けの材料に限定されている。
これらの標準材料は、日本の製造業では馴染みのないものも多数あり、材料の制限が金属3Dプリンターの活用を検討する際の最初のハードルとなっていた。
白銅、東京理科大、キヤノンMJの3社は、2017年3月から米国3D Systems社の金属3Dプリンター「ProX DMP 200」を活用し、国内製造業で広く利用されているJIS規格に準じたアルミ合金の共同開発を進めてきた。
産学連携

新たな用途向けの部品開発や製品への活用に期待
3社は、日本の多くの製造業に親和性の高い材質での造形が、金属3Dプリンター活用の第一歩との考えから、国内でアルミ製品として最も需要の高い「ADC12」の造形パラメーターの開発に着手し、約10カ月をかけて開発に成功した。
今回実現した「ADC12」造形物は、強さやしなやかさなど、バルク材を上回る機械特性を有しているという。そのため、新たな用途向けの部品開発や製品への活用に期待が持てるとしている。
(慶尾六郎)
Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • クラボウ、作業現場のリスク管理をIoTで支援する「スマートフィット for work」サービスを提供開始 (5月31日)
  • 三菱地所、富士通、ソフトバンク、東大が丸の内エリアで新たな街づくりを目指す実証実験を開始 (5月24日)
  • 九産大の学生が貸衣装店舗外観をリニューアルー産学連携プロジェクト(5月18日)
  • MUFG、「MUFG AI Studio」を新設―東大らと共同研究 (5月11日)
  • 横河電機と静岡県立大、1細胞を観察する装置の開発・普及に向けた産学連携コンソーシアム結成(5月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件