産学連携ニュース
 産学連携ニュース

信州大学×長野県飯綱町×ビールメーカーCOEDOが産学官連携。高付加価値のフルーツエール「COEDO香琳-Kourin-」を醸造

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

信州大学×長野県飯綱町×ビールメーカーCOEDOが産学官連携。高付加価値のフルーツエール「COEDO香琳-Kourin-」を醸造

このエントリーをはてなブックマークに追加




ニューホライズンコレクティブ合同会社は、株式会社協同商事 コエドブルワリー(COEDO)、信州大学、長野県飯綱町とともに、フルーツビールシリーズからリンゴを使用した「香琳-Kourin-」をリメイクし、2024年1月中旬より、埼玉を中心とした関東地域や長野県、COEDO公式通販で発売を開始する。

長野県飯綱町産で栽培されるメイポールは、受粉用で可食部が少なく活用方法が限られるリンゴ。このメイポールを信州大学の特許技術で加工し、開発されたクラフトビールだ。

産学連携

メイポールから天然色素を抽出する技術を採用し、リメイク
リンゴの皮には、ポリフェノールが豊富に含まれているが、通常の場合、加工の段階でほとんどが廃棄されてしまう。

廃棄量は膨大で、その廃棄コストが加工業者の経営を圧迫するケースも少なくないという課題があった。この皮には、100gあたりリンゴ5個分の豊富なポリフェノールを含む。

その機能性、天然由来の甘み、高い含有率のポリフェノールは疲労回復やアンチエイジングにも効果がある。今回の原料となったメイポールは、普段は授粉用に使われ、可食部が少なく用途が限られる素材。フルーツエール「香琳-Kourin-」は、このメイポールから天然色素を抽出する技術を採用し、リメイクしたもの。

            (坂土直隆)
Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • マクロミル、データ利活用人材の創出を目指した「産学連携マーケティングリサーチ・コンテスト」を開催(2月26日)
  • 日本盛、甲南大学の学生と共に造った日本酒「綺縁ーKIENー」新発売(2月20日)
  • クロス・マーケティンググループが、実践女子大学、DeNAと産学連携で人材育成へ(2月14日)
  • ニコニコのり×大阪芸術大学、「おにぎりサミット」で「世界のおにぎり」プロジェクト新商品発表(2月6日)
  • 専修大学×カンロ、共創した新商品 「#チョコじゃねーよアメだよ」 発売(2月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件