産学連携ニュース
 産学連携ニュース

第1回の「自動車における炭素繊維応用研究会」が開催

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

第1回の「自動車における炭素繊維応用研究会」が開催

このエントリーをはてなブックマークに追加




科学技術交流財団などが、「自動車における炭素繊維応用研究会」を、9月24日に名古屋で開催する。

炭素繊維応用研究会
炭素繊維は、金属と比べ軽くて強い特性から、製品の軽量化によりエネルギーの節約につながるため、近年の環境問題への解として、自動車用軽量部品への展開が注目され、工業材料としての用途拡大が進みつつある。

加工技術に関する諸課題理解と応用に向けた講演が
しかし、用途開発には、繊維加工技術、プラスチックとの複合化技術、成型加工技術、切削技術、接合技術などの幅広い要素技術が必要と言われている。

この研究会は、炭素繊維について第一線で活躍する研究者を講師として招き、その加工技術に関する諸課題について理解との応用を進めることを目的として、3回に渡り開催するとのこと。

第1回の講演は、「熱可塑性CFRPによる量産車の軽量化戦略と技術課題」、および「炭素繊維複合材料の開発状況と用途展開について」で、同時に会員も募集している。

<開催概要>
日  時:9月24日(金) 13:30~16:45
場  所:名古屋銀行協会 201号室
     (名古屋市中区丸の内2丁目4-2)
参加費:5,000円(3回分。会員は3,000円)
申込期限:9月22日(水)


外部リンク

案内書・申込書
http://www.astf.or.jp/chusyo/bunya/C-fiber-in-car2010-1.pdf

地図

Amazon.co.jp : 炭素繊維応用研究会 に関連する商品



  • エムズと大阪学院大が吸水タオル&タオルケースを共同開発(1月9日)
  • オルディと大阪芸術大がポリ袋の商品を共同開発(12月18日)
  • トレードワルツ、東京藝大を始めとしたデザイン系学生と、会社案内の共同制作コンペ開始(12月13日)
  • マリス、九州工業大、マクニカ、AIを活用した視覚障がい者のための歩行アシスト機器「seeker」の早期実用化に向け、共創を開始(12月5日)
  • 東京都が中小企業と14の大学等の研究者をつなぐWEB面談会を無料開催(12月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件