産学連携ニュース
 産学連携ニュース

芝浦工大、NICT、NTTデータが、AIによる簡易アンケートでCM視聴者の脳反応の個人差の予測に成功

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

芝浦工大、NICT、NTTデータが、AIによる簡易アンケートでCM視聴者の脳反応の個人差の予測に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加




芝浦工業大学工学部情報工学科の新熊亮一教授、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)の西田知史主任研究員らの研究グループは、株式会社NTTデータと共同で、簡単なアンケートの回答からCMを視聴中に脳が反応するパターンの個人差を予測することに成功した。

産学連携

ターゲットがCMに興味を示すかを、簡単なアンケートで予測
この研究のポイントは、5から10問程度のアンケート回答から、CMを視聴しているときに生じる脳の反応パターンの個人による差(類似度)を精度高く予想するというもの。

図は、実験協力者の脳活動反応における、各CM間の相関を示したネットワークグラフである(赤丸は実験協力者No.1が視聴した各CM、青線はCM間のグラフ結合を表す) (論文情報2, FIGURE 5)

CM(コマーシャル、ここでは特にその映像)が個々の視聴者に与える好感度などを予測できれば、効果的なマーケティングが実現できる。一方でCMに対して視聴者が好感を持ったかなど、どのような影響を与えたかの直接的な効果測定は困難だ。

視聴者Aの脳反応と、あるCMに興味を示した視聴者Bの脳反応との類似度が高ければ、AはBと同じCMに同様の興味を示すことが予測できる。

この研究では、その類似度の予測を、5~10問程度の簡単なアンケートの回答に機械学習を用いることで可能にした。簡単なアンケートで回答者それぞれの脳反応を予測できるため、モニターなど協力者の負担、さらにはモニタリングコストを大幅に減らすことができる。

           (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • エムズと大阪学院大が吸水タオル&タオルケースを共同開発(1月9日)
  • オルディと大阪芸術大がポリ袋の商品を共同開発(12月18日)
  • トレードワルツ、東京藝大を始めとしたデザイン系学生と、会社案内の共同制作コンペ開始(12月13日)
  • マリス、九州工業大、マクニカ、AIを活用した視覚障がい者のための歩行アシスト機器「seeker」の早期実用化に向け、共創を開始(12月5日)
  • 東京都が中小企業と14の大学等の研究者をつなぐWEB面談会を無料開催(12月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件