ジーエルイー、東京理科大ら5者が「海洋漂着ごみ回収バッグ」を発表

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

ジーエルイー、東京理科大ら5者が「海洋漂着ごみ回収バッグ」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加




ジーエルイー合同会社、マナブデザイン株式会社、株式会社ピリカ、東京理科大学、株式会社TBMの5団体で構成される産学連携・超異分野チーム「Material Circulator(マテリアルサーキュレーター)」は、海洋漂着プラスチックごみ由来のアップサイクルプロダクツ「海洋漂着ごみ回収バッグ」を発表した。
産学連携

海洋ごみ削減とビジネス創出を目指し開発
これは、海洋ごみ削減とビジネス創出を目指した「プロジェクト・イッカク」の一環として、開発されたもの。

沖縄県うるま市で開催されたWorld Cleanup Day Okinawaにおけるビーチクリーン活動にて、海洋漂着プラスチックごみ由来のアップサイクルプロダクツとして発表された。

Material Circulatorは、ピリカとジーエルイーが海洋ごみ/流出懸念ごみを回収、TBMと東京理科大学生野准教授が再資源化、商品企画/デザイン事務所のマナブデザイン主導で製品を消費者に届ける、というサイクルを2021年3月までに形成することを目指している。

再資源化された回収ごみが、人々の生活の一部に溶け込む製品に生まれ変わり、ごく当たり前に再生化された製品が生活の中にある社会の実現を目指している。        (慶尾六郎)




Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • ふくおかフィナンシャルグループ、九大との産学連携によるデジタルネイティブ世代向け金融サービスを開発(10月3日)
  • 追手門学院大学大学院、中小企業向け無料オンラインセミナー開催(9月30日)
  • イオン環境財団と早稲田大が環境課題解決で連携体制発足―「AEON TOWAリサーチセンター」を設立(9月26日)
  • アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始(9月16日)
  • ベトナムのDong Nam A Collegeと日本のEdMuseがDX促進を目的とした産学連携を開始(9月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ