産学連携ニュース
 産学連携ニュース

人間の能力を超えたロボット開発の拠点、東北大に設置

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

人間の能力を超えたロボット開発の拠点、東北大に設置

このエントリーをはてなブックマークに追加




極限的な環境で活躍するロボットの開発
東北大学は、東北大学大学院工学研究科に平成23年7月1日付けで、「極限ロボティクス国際研究センター」を設置する。

ロボット
極限ロボティクスとは、人間の能力を超えたマクロの世界及びマイクロ・ナノの世界などの極限的な環境で活躍するロボットに関する研究分野である。

本研究センターでは、ロボティクスに共通する基盤技術研究をベースとして、宇宙探査、災害対応、ライフ・イノベーション、分子ロボットなどの極限的な応用展開研究を行う。

「はやぶさ」の開発で培った技術をロボットにも
宇宙探査の研究では、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」の開発で培った技術を発展させ、宇宙という極限環境の探査に貢献するロボットを開発する。

災害対応の研究では、東日本大震災への対応を喫緊の課題として位置付ける。なお、東北大学は、ロボットが災害現場で適切に活用されるためには、ロボットが安全・安心な日常生活を実現する要素として社会に組み込まれていく必要があるとみている。

ライフ・イノベーションの研究では、医療現場で検査や手術を支援するロボット、日常的に人が人間らしくより健康な生活を行うことを支援するロボットの研究開発を進める。

分子ロボットの研究では、人工生体分子で構成される分子ロボットの開発に挑戦する。東北大学は、分子を自由に操るという技術から、まったく新しい革新的な成果が生み出されるのではないかと期待する。

外部リンク

東北大学のニュースリリース
Amazon.co.jp : ロボット に関連する商品



  • 東京都市大と理研など、軽量化を可能にする新鋼材開発法を開発(2月15日)
  • 白銅、東京理科大、キヤノンMJが金属3Dプリンター材料を共同開発(2月15日)
  • 産学連携を効果的にする人工知能ナレッジマネジメントシステム(1月31日)
  • デンソーが長崎県立大との自動車プロジェクトでSPARKを採用(1月30日)
  • 東大と慶大らが空間を飛び回るLED光源を開発(1月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件