産学連携ニュース
 産学連携ニュース

安価な人工水晶で太陽電池の変換効率を最大40%アップ

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

安価な人工水晶で太陽電池の変換効率を最大40%アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加




安い湿式型の高効率化に成功
早稲田大学と国際先端技術総合研究所株式会社は、特殊処理した人工水晶を電極に塗布することで、湿式であるグレッツェル型の色素増感型太陽電池の変換効率を大幅に向上させることに成功した。

色素増感型太陽電池
【画像はイメージ】

太陽電池の変換効率の目安となる短絡電流が10-40%、平均で20%アップすることを確認したという。

高層ビル型のガラス一体型太陽電池の応用に期待
湿式の電気化学的グレッツェル型の太陽電池は、乾式の結晶シリコン太陽電池に比べて低効率であるが、コスト的には乾式より1桁安くなる利点があり、数社がこの方式の実用化に向けて邁進している。

こうした中で、安価な人工水晶を使って色素増感型太陽電池変換効率アップに成功したことは、高層ビル型のガラス一体型太陽電池などの応用に高いポテンシャルを示したこととなった。

外部リンク

早稲田大学のプレスリリース
Amazon.co.jp : 色素増感型太陽電池 に関連する商品



  • 九産大の学生が貸衣装店舗外観をリニューアルー産学連携プロジェクト(5月18日)
  • MUFG、「MUFG AI Studio」を新設―東大らと共同研究 (5月11日)
  • 横河電機と静岡県立大、1細胞を観察する装置の開発・普及に向けた産学連携コンソーシアム結成(5月4日)
  • AI研究のトレンドがわかる「AI Lab Map 2018」公開(4月26日)
  • 東北大とアトムメディカル、非侵襲的に胎児心拍数を計測する装置を商品化(4月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件