「農商工連携プロデューサー」を育成するカードゲームが誕生

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

「農商工連携プロデューサー」を育成するカードゲームが誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加




農林水産業と商工業が連携して商品開発などをする「農商工連携」の極意が学べ、連携プロデューサーとしての育成に有効なカード型教材が開発された。

連携プロデューサー育成
これは23日の河北新報が報じたもので、仙台市の地域活性プランニングをする(株)プロジェクト地域活性が開発した、名前も「農商工連携プロデューサー・メーカー」。

プロデューサーとしての発想が身に付くカードゲーム
ゲーム感覚で意見を出し合ううちに、実際の連携で橋渡し役となるプロデューサーとしての発想が身に付くといい、研修などで使いながら商品化も視野に入れるとのこと。

カードゲーム概要
・農商工連携の成功に必要な要素、例えば「農家レストラン 大衆食堂も兼ねましょう」「バイヤーは選ばず広くアプローチ」「アイデアの言い出しっぺを活用す」といった標語を記載した157枚のカードがセットになっている。
・ゲームは4人程度で行い、カードを参加者全員に配った中から参加者は5枚を選んで手元に置き、そこから1枚を出して農商工連携の自分のアイデアを披露。
・全員が披露した後、他人の構想に対する自分の提案を付せんに書いて出し、周回する中で最後まで提案し続けた人を勝ちとする。さらに手元に残ったカードから1枚を出して同様に第2ラウンド、第3ラウンドと行うルール。


開発は「産学人材育成パートナーシップ事業」の一環
なお同社は、2008年度の経済産業省「産学人材育成パートナーシップ事業」の一環として教材セットの開発を受託し、研修用カードゲームの開発・販売を手掛ける同じ仙台市の企業と共同で取り組み、昨年度末に完成させたとのこと。

<会社概要>
名  称 (株)プロジェクト地域活性
代表者 代表取締役社長 望月孝
設  立 平成15年6月2日
資本金 1,000万円
所在地 〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡2-2-11
             パスコ仙台ビル7F
電  話 022-205-3540  F A X 022-299-1420


外部リンク

(株)プロジェクト地域活性 http://www.prokatu.jp/

引用記事 http://www.kahoku.co.jp/news/2010/07/20100723t12019.htm
Amazon.co.jp : 連携プロデューサー育成 に関連する商品



  • アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始(9月16日)
  • ベトナムのDong Nam A Collegeと日本のEdMuseがDX促進を目的とした産学連携を開始(9月4日)
  • クリエイティブジャパン、電気通信大と共同で「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」開発(8月29日)
  • MICINと慶應義塾大がオンライン診療を用いた重症度評価に関する研究を開始(8月21日)
  • 群馬大、相鉄バス、日本モビリティが日本初の大型バスによる遠隔監視・操作で自動運転の実証実験を実施(8月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ