産学連携ニュース
 産学連携ニュース

マリス、九州工業大、マクニカ、AIを活用した視覚障がい者のための歩行アシスト機器「seeker」の早期実用化に向け、共創を開始

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

マリス、九州工業大、マクニカ、AIを活用した視覚障がい者のための歩行アシスト機器「seeker」の早期実用化に向け、共創を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加




株式会社マリスcreative design、国立大学法人九州工業大学の和田親宗研究室、株式会社マクニカは、今年3月より実証実験を進めてきた視覚障がい者のための歩行アシスト機器「seeker(シーカー)」において、AIを活用した危険検知の精度・性能向上に産学連携で共創し、実用化を加速する。

産学連携

「seeker」の実用化を最短で実現し、視覚障がい者が日々安全に暮らせる社会を目指す
3者は、2024年3月のseeker実用化に向け、ユーザー(視覚障がい者)に寄り添った最適な技術の調査・検証を2022年3月までに実施する。

Step1)マリスおよび九州工業大学が実施してきた実証実験における、実用化に向けた課題の洗い出し
Step2)視覚障がい者の方の実際の体験に沿ったデータの取得
Step3)マクニカが保有するAIライブラリを活用した検証

これらにより、スタンドアローンでリアルタイムに危険察知ができる「seeker」の実用化を最短で実現し、視覚障がい者が日々安全に暮らせる社会を目指す。

さらに3者は今後、この取り組みにおいて取得したデータを蓄積・活用し、障がい者の方や高齢者が社会に溶け込めるような福祉支援をAIにより加速させ、ウェルビーイングの向上につとめていく。

            (慶尾六郎)
Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • エムズと大阪学院大が吸水タオル&タオルケースを共同開発(1月9日)
  • オルディと大阪芸術大がポリ袋の商品を共同開発(12月18日)
  • トレードワルツ、東京藝大を始めとしたデザイン系学生と、会社案内の共同制作コンペ開始(12月13日)
  • 東京都が中小企業と14の大学等の研究者をつなぐWEB面談会を無料開催(12月1日)
  • キリン・浜松市・近畿大らが「笑い」による集中力向上とストレス反応の改善効果を解明!(11月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件