産学連携ニュース
 産学連携ニュース

神戸大、信州大、カリモク家具、Andecoが産学連携による『国産広葉樹活用プロジェクト』を発足

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

神戸大、信州大、カリモク家具、Andecoが産学連携による『国産広葉樹活用プロジェクト』を発足

このエントリーをはてなブックマークに追加




国立大学法人神戸大学、国立大学法人信州大学、カリモク家具株式会社、株式会社Andecoは、広葉樹林を主体とする森林資源のデジタル管理、未利用材の流通サービス開発、実証実験などのノウハウを相互に共有して連携を図る『国産広葉樹活用プロジェクト』を発足した。

9月29日(水)に広葉樹の利活用を検討している事業者・自治体向けの公開ウェビナーを開催予定
これは、放置広葉樹林(里山)の木材としての活用及び、流通促進を通じた未利用材の活用推進、森林荒廃の問題解決、輸入材の全面依存というリスク軽減へ向けて行われるもの。

なお、初年度は、黒田慶子神戸大学教授が里山植生及び木材利用の専門家としてプロジェクトリーダーに就任し、浅野良晴信州大学名誉教授が木材トレーサビリティのテクニカルアドバイザーを務める。

また、事務局はAndecoが務め、一般社団法人 社会実装推進センターより交付された「令和2年度 林業分野における新技術推進対策事業費補助金 森林づくりへの新技術導入・実証事業(異分野技術導入・実証)」をプロジェクトの資金として充当するほか、HP上で情報発信を随時行っていく。

第一回目の活動として、9月29日(水)に広葉樹の利活用を検討している事業者・自治体を対象とした公開ウェビナーの開催を予定しており、プロジェクト発足に伴う目的や今後の取り組み等を紹介する。

●『国産広葉樹活用プロジェクト』の概要
名 称:国産広葉樹活用プロジェクト(英名:Japanese Hardwood Revival Project)
設 立 日:2021 年 9月 10日(金)
目 的:国内における森林(広葉樹)の課題とビジネスでの利用促進に向けた価値向上を目指す
HP : https://www.koyoju.jp/

            (慶尾六郎)
Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • エムズと大阪学院大が吸水タオル&タオルケースを共同開発(1月9日)
  • オルディと大阪芸術大がポリ袋の商品を共同開発(12月18日)
  • トレードワルツ、東京藝大を始めとしたデザイン系学生と、会社案内の共同制作コンペ開始(12月13日)
  • マリス、九州工業大、マクニカ、AIを活用した視覚障がい者のための歩行アシスト機器「seeker」の早期実用化に向け、共創を開始(12月5日)
  • 東京都が中小企業と14の大学等の研究者をつなぐWEB面談会を無料開催(12月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件