追手門学院大が産学連携で大阪・茨木の名物料理を復活

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

追手門学院大が産学連携で大阪・茨木の名物料理を復活

このエントリーをはてなブックマークに追加




追手門学院大学のベンチャービジネス研究所は、大阪府茨木市の産学連携事業の一環として、地元の日本料理店の創業当時の名物料理「鶏のすき焼き」をふるさと納税の返礼品として復活させ、ブランド化に向けたプロデュースを行った。
産学連携

地元の日本料理店「成田家」の「鶏のすき焼き」に注目
ベンチャービジネス研究所では、経営学部の「経営・マーケティング専攻」と「ビジネス心理専攻」の教員と学生によるプロジェクトチームを結成し、茨木市からの補助金を得て、2018年度事業として取り組んだ。

プロジェクトチームが注目したのは、地元の日本料理店「成田家」に昭和36年の創業時に提供されていた「鶏のすき焼き」。

地元ならではの懐かしさが感じられることから、ふるさと納税の返礼品として缶詰による製品化をプロデュースし、茨木市の地域ブランドとして全国への発信を目指す。

料理そのものは成田家が担当し、プロジェクトチームでは一般消費者に対するマーケティング調査や心理学実験を実施し、一般消費者の視点や意見を反映させた企画・パッケージデザイン・Webサイト上のコピー作成を行った。

完成した「鶏のすき焼の缶詰」は、1缶290グラムで、国産の鶏もも肉と、豆腐、白ねぎ、えのき茸、椎茸(地場産野菜)などを、創業当時のレシピの割下で甘辛く仕上げたもの。温めればそのまま食べることができる。          (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始(9月16日)
  • ベトナムのDong Nam A Collegeと日本のEdMuseがDX促進を目的とした産学連携を開始(9月4日)
  • クリエイティブジャパン、電気通信大と共同で「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」開発(8月29日)
  • MICINと慶應義塾大がオンライン診療を用いた重症度評価に関する研究を開始(8月21日)
  • 群馬大、相鉄バス、日本モビリティが日本初の大型バスによる遠隔監視・操作で自動運転の実証実験を実施(8月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ