国立音大とコルグがパイプオルガンのサウンド・ライブラリーを共同開発

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

国立音大とコルグがパイプオルガンのサウンド・ライブラリーを共同開発

このエントリーをはてなブックマークに追加




日本有数の規模を誇り、その音色も高い評価を受けているパイプオルガンをもつ国立音楽大学は、電子ピアノやシンセサイザーなどの電子楽器でおなじみの株式会社コルグとパイプオルガンのサウンド・ライブラリーを共同開発し、音源を製品化した「EXs20 Grand Concert Organ」を全世界で発売した。
産学連携

音源は国立音楽大学のシンボルであるパイプオルガンを使用
国立音楽大学とコルグの関係は、2009年よりインターンシップとして国立音楽大学の学生を受け入れたのを機に始まった。

インターンシップ時には、ソフトウェア音源のサンプリングと編集を行い、その成果はコルグの開発・販売戦略に沿って、その都度部分的に製品に搭載されてきた。

今回のサウンド・ライブラリーは、独立したパッケージとして製品化され、その音源は国立音楽大学のシンボルであるパイプオルガンを全面的に使用している。

開発には国立音楽大学の講師(当時)で日本を代表するオルガニストである青田絹江氏がオルガン演奏および音色制作など楽器に関する専門的知見の提供を、同講師の小林悟氏が録音を、同准教授の今井慎太郎氏が監修を務めた。

また、「コンピュータ音楽実習D」の授業を履修している学生も録音助手(マイクセッティング補助、録音ソフトオペレーション、キューシート記入など)や波形編集などに携わり、コルグと研究を重ねて、発売にいたった。       (慶尾六郎)




Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始(9月16日)
  • ベトナムのDong Nam A Collegeと日本のEdMuseがDX促進を目的とした産学連携を開始(9月4日)
  • クリエイティブジャパン、電気通信大と共同で「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」開発(8月29日)
  • MICINと慶應義塾大がオンライン診療を用いた重症度評価に関する研究を開始(8月21日)
  • 群馬大、相鉄バス、日本モビリティが日本初の大型バスによる遠隔監視・操作で自動運転の実証実験を実施(8月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ