産学連携ニュース
 産学連携ニュース

和歌山ブルワリーと和歌山高専が、和歌山県初の和歌山産酵母を活用したクラフトビールを開発・研究・販売

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

和歌山ブルワリーと和歌山高専が、和歌山県初の和歌山産酵母を活用したクラフトビールを開発・研究・販売

このエントリーをはてなブックマークに追加




クラフトビール醸造を行う和歌山ブルワリーと国立和歌山工業高等専門学校は、3月18日(金)、クラフトビールの醸造、販売に向けた商品開発及びインターンシップ協定を締結した。

全てが和歌山県産のクラフトビール開発へ
今後の開発においては、2018年に100年ぶりに新種同定されたクマノザクラから単離した酵母を使用する。

この酵母を使用することで、クラフトビールの主原料である、「大麦」、「ホップ」、「水」、「酵母」、「技術」全てが和歌山県産となる。原材料全てが地域産品であるクラフトビールは、未だ市場流通されていないという。

和歌山ブルワリーは、同社の持つ醸造技術を活用しクラフトビールの原材料全てを和歌山産でできた和歌山のクラフトビールを醸造したく開発を目、指していた。しかし、紀三井寺の桜の標準木からの酵母採取を数年試みているが、現在は発見に至っていない。

今回開発するクラフトビールは、御坊市道成寺の入会桜や2018年に100年ぶりに新種同定されたクマノザクラから単離した酵母を使用。これら酵母の単離は、和歌山高専の研究活動により実現したもの。

和歌山ブルワリーでは、この桜の酵母を用い、実際にお客に飲んでもらえる商品開発を和歌山高専の学生と共に行う。今回、お互いのリソースを共有することで、学生にも、商業にも良いシナジー効果も生み出せることになった。 

          (坂土直隆)
Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • 産学官連携による起業支援プログラム『ビジネスチャレンジNEXT』、キックオフイベントを開催(5月22日)
  • 飯塚市・九州工業大・アイティフォーらが、日本初の自治体での運用を想定した、デジタルtoデジタルの社会実験を本格開始(5月16日)
  • 東京国際工科専門職大学、18企業・自治体と連携し、地域課題解決への取り組みを目的とした、「地域共創デザイン実習」を開始(5月8日)
  • 大正大が西尾家具工芸社らの協力を得て、エンターテインメントの力で2025年問題の解決を模索(4月30日)
  • バズグラフと芝浦工大による、PBL【課題解決型授業】コラボ授業が開始(4月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件