産学連携ニュース
 産学連携ニュース

亜細亜大と東京都がオンラインイベント『飲食産業とフードツーリズムの更なる成長・発展を支える経営人材の育成』を開講

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

亜細亜大と東京都がオンラインイベント『飲食産業とフードツーリズムの更なる成長・発展を支える経営人材の育成』を開講

このエントリーをはてなブックマークに追加




亜細亜大学は、東京都が実施する「大学等と連携した観光経営人材育成事業」に採択された。これにより、2021年から2023年の3年間で「飲食産業とフードツーリズムの更なる成長・発展を支える経営人材の育成」を目的とした講座を開講する。

今年度は、「地域の飲食店の経営改善とインバウンド・観光客対応能力の強化」をテーマに、11月30日から12月18日の毎週火曜と土曜に各2講座ずつ全12回をオンラインで開講。募集定員は50名程度で、受講料は無料。申し込みは11月20日(土)まで受付中。

産学連携

地域の観光促進戦略を考えることができる観光経営人材を育成
東京都では、観光関連事業者の経営力向上を図り、観光産業の活性化につなげることを目的として、大学等と連携して観光関連事業に従事する者等に向けた、新たな教育プログラムの開発等の支援事業を実施している。

亜細亜大学は、2021年度に連携大学に選定され、この講座を通して、フードビジネスの分野において高い企画力・リーダーシップ・コミュニケーション能力を備えた地域の観光促進戦略を考えることができる観光経営人材を育成するプログラムおよび教材の開発を行っていく。

また、コロナ禍で経営難に陥ってしまった飲食産業を復活させることも急務であることから、そのために必要な実践的経営改善知識を学ぶことができる内容とする。

習得できる能力としては、飲食店やフードビジネスの特性を踏まえた財務管理、生産管理、調達管理、業務効率化、人材管理、原価管理、外国人対応を含めたサービス改善、新規メニュー開発のためのマーケティング知識、集客戦略などの経営知識を想定している。

講座のプログラム、日程、講師等の詳細はこちら: https://prtimes.jp/
申し込みはこちらのURLから: https://docs.google.com/



            (慶尾六郎)
Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • エムズと大阪学院大が吸水タオル&タオルケースを共同開発(1月9日)
  • オルディと大阪芸術大がポリ袋の商品を共同開発(12月18日)
  • トレードワルツ、東京藝大を始めとしたデザイン系学生と、会社案内の共同制作コンペ開始(12月13日)
  • マリス、九州工業大、マクニカ、AIを活用した視覚障がい者のための歩行アシスト機器「seeker」の早期実用化に向け、共創を開始(12月5日)
  • 東京都が中小企業と14の大学等の研究者をつなぐWEB面談会を無料開催(12月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件