長崎大とメディアオーパスプラス、実社会課題解決型プログラムに基づく産学連携を進める

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

長崎大とメディアオーパスプラス、実社会課題解決型プログラムに基づく産学連携を進める

このエントリーをはてなブックマークに追加




国立大学法人長崎大学情報データ科学部と、株式会社メディアオーパスプラス(MOP)は、2020年4月より社会貢献活動の一環として、実社会課題解決型プログラムに基づく産学連携を進めてた。

今回、長崎大学情報データ科学部とMOPは、実社会課題解決型プログラムにおける産学連携をさらに進め、2021年4月より『大学生向けオンライン教育における理想的な学びのカタチ』についての研究を共同で進めていく。
効果的なオンライン教育の実践について、共同で研究・開発を進めていく
長崎大学情報データ科学部では、「実社会課題解決プロジェクト」の科目において、大学生のオンライン教育に関する実態について調査・分析をしてきた。

また、調査の観点や分析のプロセスについてMOPからの協力を得ることで、オンライン教育における現状を把握し、今後の課題を示してきた。今後はより高度に学修成果を分析し、効果的なオンライン教育の実践について、共同で研究・開発を進めていく。

「実社会課題解決プロジェクト」では、参画企業等から提案された課題について、同学部学生がグループで行うプロジェクト学習を通し、自ら課題を発見し、インフォメーションサイエンスやデータサイエンスの専門的知識をもとに、課題解決に取り組んでいる。

学びの場の当事者である大学生が、学習者の視点から調査し、収集したデータをMOPと共有して分析することで、理想的な学びのカタチについて検討する。

MOPはデータの収集から統計学・AI(人工知能)を駆使した分析および結果の視覚化までの一連の工程をエンドツーエンドで協力していく。分析においては、教育産業を中心に培ったノウハウを基盤に、「長崎大学」という特徴を付与した独自のモデルの開発を行う。 

今後は、日本教育工学会研究会で、共同分析の成果について発表を行う予定。そのほかに、高等教育ならびにオンライン教育に関わる様々な学会等での発表を予定している。
                   
                       (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • みらい創造機構が科学技術振興機構の大学発新産業創出プログラムの事業プロモーターユニットに新規採択(5月8日)
  • ⽇本の⺠間企業とアフリカの⼤学の連携構築パイロットが技術連携によるオンライン製品開発及び市場開拓(5月1日)
  • セイバンと京都芸術大が盲導犬ハーネスを共同開発(4月25日)
  • 順天堂大とブルボン、共同研究講座「先進老化制御学講座」開設(4月19日)
  • 日本メナード化粧品と名古屋大が品種改良した米に肌のバリア機能を高め、肌荒れを防ぐ効果を発見!(4月10日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ