産学連携ニュース
 産学連携ニュース

アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加




24時間セルフ型アンケートツール“Freeasy(フリージー)”を展開するアイブリッジ株式会社が筑波大学と連携し、「AIによる不適切回答者の予測の研究」プロジェクトを発足した。
「AIによる不適切回答者の予測の研究」プロジェクトの概要
●連携学部・研究室
筑波大学 ビジネスサイエンス系 尾崎幸謙 准教授

●プロジェクトにおける研究背景・目的
昨今、日本企業のマーケティング活動において、調査モニタへのWeb調査は2000年頃から始まり、低価格かつスピーディーに実施できることから急成長し現在ではマーケティングリサーチのメイン手法となっている。

一方でWeb調査の回答データには不適切な回答が存在し、実査担当が目視のチェックによりデータクリーニングを行ってきたが、時間と労力がかかっていた。

働き方改革も進む中でより業務効率をあげるため、データクリーニング作業の工数を減らして業務時間の短縮・改善できるシステムの開発が急務となっている。

研究の目的は、不適切な回答者を回答データから抽出する方法をAIを用いて構築することを目的としている。

アイブリッジとしては、研究結果をもとに将来的には自動データクリーニングシステムの開発や回答の質が高く、不適切回答者が含まれない調査モニタの構築を目指す。

共同研究の期間:2020年4月1日~2021年3月31日(慶尾六郎)



Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • タスキ、電気通信大、感性AIの三者共同で「最先端テクノロジー活用による不動産価値流通の研究」を開始(11月21日)
  • JX通信社、東北大学災害科学国際研究所の水害に関する研究をサポート(11月13日)
  • 大正大学と宮城県南三陸町が復興と人材育成で『包括的特別連携協定』を締結(11月7日)
  • OSTechと東大がバイタルサインによりメンタルヘルス不調を早期に検知する共同研究を開始(10月31日)
  • ユニフォームネットと国際アート&デザイン大学校、産学連携で喜多方の染型紙「会津型」を現代のデザインに。(10月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件