クリエイティブジャパン、電気通信大と共同で「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」開発

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

クリエイティブジャパン、電気通信大と共同で「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」開発

このエントリーをはてなブックマークに追加




ネットワーク&セキュリティ分野におけるITプラットフォームを構築するイノベーション企業である株式会社クリエイティブジャパンは、国立大学法人電気通信大学と、「超スマート社会のためのIoTシステムに関する研究」をテーマに共同研究を始めている。
CO2センサを内蔵し、最適な換気を支援するシステムを開発
電気通信大大学院の橋山教授の研究室と進めていた研究の第一弾として、「新型コロナウイルス感染症予防の研究」において、呼気に含まれるCO2の濃度およびその測定値を基に、室内の人数変動の把握をリアルタイムに行うことができる共同研究を開始した。

具体的なシステムとして、クリエイティブジャパンが持つネットワーク・クラウド技術を活かしたIoTデバイスへCO2センサを内蔵し、最適な換気を支援するシステム「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」を開発し、そのシステムにおける実証実験を電気通信大学とともに開始した。

産学連携

電気通信大学が推進する「スーパーサスティナブルプラットフォーム」との連携を視野に入れて開発を進めている。

このシステムの価格は、IoTデバイス10台(1台で10m2~200m2の室内での測定が可能)とWebシステムで49万8,000円(税別)~。売り上げ目標として3年で3億円(税別)を目指している。具体的なサービス提供は10月1日(木)を予定。(慶尾六郎)

Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • ジーエルイー、東京理科大ら5者が「海洋漂着ごみ回収バッグ」を発表(10月10日)
  • ふくおかフィナンシャルグループ、九大との産学連携によるデジタルネイティブ世代向け金融サービスを開発(10月3日)
  • 追手門学院大学大学院、中小企業向け無料オンラインセミナー開催(9月30日)
  • イオン環境財団と早稲田大が環境課題解決で連携体制発足―「AEON TOWAリサーチセンター」を設立(9月26日)
  • アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始(9月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ