産学連携ニュース
 産学連携ニュース

JX通信社、東北大学災害科学国際研究所の水害に関する研究をサポート

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

JX通信社、東北大学災害科学国際研究所の水害に関する研究をサポート

このエントリーをはてなブックマークに追加




報道ベンチャーの株式会社JX通信社は、東北大学災害科学国際研究所の水害に関する研究をサポートするため、AIでSNS上の災害などの緊急情報をリアルタイムに検知するサービス「FASTALERT」を通じた水害関連データの提供を行った。

水害関連のデータ蓄積を通じて、主に「内水氾濫」に関わる防災対策がとれるよう、研究を開始する。

産学連携

「内水氾濫」のデータを解析・蓄積し、防災につなげる
水害には、河川から水が溢れる「外水氾濫」と、雨量が多く排水でき排水溝やマンホールから水が溢れる「内水氾濫」の2種類がある。

台風や大雨の影響により居住地などで水が溢れる「内水氾濫」は、大規模な浸水として証拠が残る「外水氾濫」と異なり浸水しても跡が残らないことが多いためデータが取りにくく、記録・対策がしにくい災害である。

そこで今回、内水氾濫について研究を行なっている東北大学災害科学国際研究所をサポートするため、AIでSNS上から災害・事故・事件などのリスク情報をリアルタイムに収集・配信している「FASTALERT」を通じて水害に関するデータ提供を行った。
水害被害の正確な場所を参加型で見つけ出すプロジェクトを開始
水害被害は広域にわたるため、ピンポイントな位置情報を取得できないことがある。

東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔准教授とマス・エリック准教授は、水害被害のピンポイントな場所を参加型で見つけ出す「みんなでSNSマッピングプロジェクト」を開始した。

詳細: https://social-mapping-project-irides.hub.arcgis.com/

                       (慶尾六郎)

Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • タスキ、電気通信大、感性AIの三者共同で「最先端テクノロジー活用による不動産価値流通の研究」を開始(11月21日)
  • 大正大学と宮城県南三陸町が復興と人材育成で『包括的特別連携協定』を締結(11月7日)
  • OSTechと東大がバイタルサインによりメンタルヘルス不調を早期に検知する共同研究を開始(10月31日)
  • ユニフォームネットと国際アート&デザイン大学校、産学連携で喜多方の染型紙「会津型」を現代のデザインに。(10月31日)
  • 日立製作所と多摩美大が「信頼」を起点とするサービスデザインの産学共同研究を実施(10月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件