産学連携ニュース
 産学連携ニュース

取扱注意!!個人情報を保存したUSBメモリーの紛失事故が相次ぐ

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

取扱注意!!個人情報を保存したUSBメモリーの紛失事故が相次ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加




学生及び教職員の251人分の個人情報紛失
個人情報を保存したUSBメモリーの紛失が相次いで起こっている。USBメモリーは、手軽にデータを持ち運べる反面、取り扱いには十分注意が必要である。
USBフラッシュメモリ

愛知教育大学は、7月12日、職員の不注意により、学生及び教職員の個人情報を保存したUSBメモリーを学内で紛失したことを発表した。

紛失したUSBメモリーには、学生217人,大学教員21人,職員13人の計251人分の氏名,所属,メールアドレスなどが保存されていたという。

中学生967人分の個人情報が紛失
また、同日、杉並区教育委員会は、女性の英語教諭が生徒の個人情報入りのUSBメモリーを紛失したと発表している。

そのUSBメモリーには、杉並区の中学校の在校生など延べ927人分の名前と英語の学習状況の評価やテストの成績、それに東村山市の中学校の40人分の生徒の名前が登録されていたという。

患者24459人分の個人情報が紛失
先月、慶応義塾大学病院でも、患者の個人情報24459人分が保存されたUSBメモリーを紛失したことを発表している。

なお、慶応義塾大学病院は、万一、第三者がこのUSBメモリーを取得したとしても、所定のIDとパスワードがなければ、記憶されている情報を閲覧することはできないとしている。

外部リンク

愛知教育大学のニュースリリース
慶応義塾大学病院のニュースリリース
杉並区教育委員会
Amazon.co.jp : USBフラッシュメモリ に関連する商品



  • 東京都市大と理研など、軽量化を可能にする新鋼材開発法を開発(2月15日)
  • 白銅、東京理科大、キヤノンMJが金属3Dプリンター材料を共同開発(2月15日)
  • 産学連携を効果的にする人工知能ナレッジマネジメントシステム(1月31日)
  • デンソーが長崎県立大との自動車プロジェクトでSPARKを採用(1月30日)
  • 東大と慶大らが空間を飛び回るLED光源を開発(1月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件