産学連携ニュース
 産学連携ニュース

木かげの涼しさの秘密を生かした日よけが発売

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

木かげの涼しさの秘密を生かした日よけが発売

このエントリーをはてなブックマークに追加




京大との産学連携商品
積水化学工業は、木かげの涼しさを人工的に再現する新発想のフラクタル日よけ「エアリーシェード」を6月20日に発売する。

積水化学工業
エアリーシェードは、京都大学大学院人間・環境学研究科の酒井敏教授が企画提案したフラクタル日よけのアイデアをもとに積水化学工業が完成させた産学連携商品である。

フラクタル構造で木かげの涼しさを再現
暑い夏、木かげの下が涼しくなるのは、樹木の形に熱を逃す秘密があるからだという。樹木は小さな葉の集合体で、フラクタル状に枝や葉を伸ばしており、これが木かげの涼しさの秘密となっている。

そこで、日よけをフラクタル構造にすることで、温度上昇を抑え、木かげの涼しさを人工的に再現した。

住宅用途まで広げる
2009年に試作品を開発、その後改良を加え、これまでに京都・四条のオープンカフェや東京・お台場の日本科学未来館などに試験的に設置、実証データを集め、遮熱効果が高いことを確認した。

今後の計画としては、更に用途開発を進め、商業施設、公園、ビルの屋上、さらには住宅へと広げていくとしている。


外部リンク

積水化学工業のニュースリリース

Amazon.co.jp : 積水化学工業 に関連する商品



  • 東京都市大と理研など、軽量化を可能にする新鋼材開発法を開発(2月15日)
  • 白銅、東京理科大、キヤノンMJが金属3Dプリンター材料を共同開発(2月15日)
  • 産学連携を効果的にする人工知能ナレッジマネジメントシステム(1月31日)
  • デンソーが長崎県立大との自動車プロジェクトでSPARKを採用(1月30日)
  • 東大と慶大らが空間を飛び回るLED光源を開発(1月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件