産学連携ニュース
 産学連携ニュース

富士通と津田塾大が、ソーシャルデザインの共同研究を開始

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

富士通と津田塾大が、ソーシャルデザインの共同研究を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加




富士通株式会社と津田塾大学は、AIなどのデジタル技術と実証経済学などの人文社会科学の知見を融合したコンバージングテクノロジーにより、患者へのサービスの質の向上と地域におけるサービス提供の効率化の両立を目指す、ソーシャルデザインの共同研究を、8月25日(木)より開始した。

成果を山形県などの地域医療提供において適用
この研究では、地域全体で、疾病予防や治療、予後などの各段階に応じて、患者が受ける医療や健康サービスの流れ(ケアパスウェイ)をデジタル化する。

さらに、津田塾大学の実証経済学の知見に基づき、医療・健康データから患者の状態を予測する、富士通のAIを用いてケアパスウェイを分析する。

産学連携

これにより、医療提供体制の偏りや入院の長期化といったボトルネックを抽出し、改善案を探索するケアパスウェイ設計技術を、富士通が開発する。

この技術を活用し、両者は、医療機関や自治体の協力の下、患者や自治体、サービス提供者への改善提案や、改善案の社会実装に向けた合意を形成するための方法論の確立を目指す。

両者は、共同研究のもと、地域完結型医療の構築が進められている山形県の医療・健康データを用いて検証し、将来的にその成果を、山形県などの地域医療提供において適用することで、有効性の検証を目指す。

【 共同研究の期間 】8月25日~2023年3月31日(2023年4月1日以降も継続予定)

            (坂土直隆)
Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • 明日葉と神奈川工科大、「SDGs×理科実験教室」を開始(1月30日)
  • 大東建託と九産大が、DIYソロワークブースを共同開発(1月23日)
  • 大日本印刷・武蔵野美術大学・良品計画が、共創イベント「つながる楽しい楽市」を開催(1月15日)
  • 伊藤手帳、Z世代考案の1日3行書くだけで自分を育てる「3STEP日記」の追加生産分、予約受付開始(1月10日)
  • KLabと九州大学の共著論文が、人工知能分野の国際学会「AAAI-23」で採択(12月28日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件