芝浦工大、NICT、NTTデータが、AIによる簡易アンケートでCM視聴者の脳反応の個人差の予測に成功

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

芝浦工大、NICT、NTTデータが、AIによる簡易アンケートでCM視聴者の脳反応の個人差の予測に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加




芝浦工業大学工学部情報工学科の新熊亮一教授、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)の西田知史主任研究員らの研究グループは、株式会社NTTデータと共同で、簡単なアンケートの回答からCMを視聴中に脳が反応するパターンの個人差を予測することに成功した。

産学連携

ターゲットがCMに興味を示すかを、簡単なアンケートで予測
この研究のポイントは、5から10問程度のアンケート回答から、CMを視聴しているときに生じる脳の反応パターンの個人による差(類似度)を精度高く予想するというもの。

図は、実験協力者の脳活動反応における、各CM間の相関を示したネットワークグラフである(赤丸は実験協力者No.1が視聴した各CM、青線はCM間のグラフ結合を表す) (論文情報2, FIGURE 5)

CM(コマーシャル、ここでは特にその映像)が個々の視聴者に与える好感度などを予測できれば、効果的なマーケティングが実現できる。一方でCMに対して視聴者が好感を持ったかなど、どのような影響を与えたかの直接的な効果測定は困難だ。

視聴者Aの脳反応と、あるCMに興味を示した視聴者Bの脳反応との類似度が高ければ、AはBと同じCMに同様の興味を示すことが予測できる。

この研究では、その類似度の予測を、5~10問程度の簡単なアンケートの回答に機械学習を用いることで可能にした。簡単なアンケートで回答者それぞれの脳反応を予測できるため、モニターなど協力者の負担、さらにはモニタリングコストを大幅に減らすことができる。

           (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • 京王電鉄と昭和女子大、産学連携プロジェクトとして「大学生による小学生向けの体験教室」を開始(10月15日)
  • 横浜市大とスカイファーム、フードデリバリー・テイクアウトから生じる購買データを活用した共同研究を開始(10月9日)
  • 【愛しとーと×九州大学×福岡県】認知症予防が期待される「ヤマブシタケ」由来成分の抽出研究事業スタート(10月2日)
  • 名古屋芸術大 x 地域企業 x 鯱バス、『地域観光資源』を『デジタル』で愉しむ新しいサービスを立ち上げ(9月26日)
  • グリーンカルチャー、東京造形大、ゴーストレストラン研究所が植物肉「Green Meat™」を使用したメニュー提供開始(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ