アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加




24時間セルフ型アンケートツール“Freeasy(フリージー)”を展開するアイブリッジ株式会社が筑波大学と連携し、「AIによる不適切回答者の予測の研究」プロジェクトを発足した。
「AIによる不適切回答者の予測の研究」プロジェクトの概要
●連携学部・研究室
筑波大学 ビジネスサイエンス系 尾崎幸謙 准教授

●プロジェクトにおける研究背景・目的
昨今、日本企業のマーケティング活動において、調査モニタへのWeb調査は2000年頃から始まり、低価格かつスピーディーに実施できることから急成長し現在ではマーケティングリサーチのメイン手法となっている。

一方でWeb調査の回答データには不適切な回答が存在し、実査担当が目視のチェックによりデータクリーニングを行ってきたが、時間と労力がかかっていた。

働き方改革も進む中でより業務効率をあげるため、データクリーニング作業の工数を減らして業務時間の短縮・改善できるシステムの開発が急務となっている。

研究の目的は、不適切な回答者を回答データから抽出する方法をAIを用いて構築することを目的としている。

アイブリッジとしては、研究結果をもとに将来的には自動データクリーニングシステムの開発や回答の質が高く、不適切回答者が含まれない調査モニタの構築を目指す。

共同研究の期間:2020年4月1日~2021年3月31日(慶尾六郎)



Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • ジーエルイー、東京理科大ら5者が「海洋漂着ごみ回収バッグ」を発表(10月10日)
  • ふくおかフィナンシャルグループ、九大との産学連携によるデジタルネイティブ世代向け金融サービスを開発(10月3日)
  • 追手門学院大学大学院、中小企業向け無料オンラインセミナー開催(9月30日)
  • イオン環境財団と早稲田大が環境課題解決で連携体制発足―「AEON TOWAリサーチセンター」を設立(9月26日)
  • ベトナムのDong Nam A Collegeと日本のEdMuseがDX促進を目的とした産学連携を開始(9月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ