産学連携ニュース
 産学連携ニュース

ユニフォームネットと国際アート&デザイン大学校、産学連携で喜多方の染型紙「会津型」を現代のデザインに。

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

ユニフォームネットと国際アート&デザイン大学校、産学連携で喜多方の染型紙「会津型」を現代のデザインに。

このエントリーをはてなブックマークに追加




ユニフォーム専門商社株式会社ユニフォームネットは、これまでも創業の地である福島県での取り組みや地域への貢献を目指した活動を行ってきた。

その一つである「産学連携プロジェクト」では学校法人国際総合学園FSGカレッジリーグ 国際アート&デザイン大学校(福島県郡山市)と協力し、校内でデザインコンペを開催した。

産学連携

東北の服飾文化を彩った喜多方の染型紙「会津型」とは
「会津型」とは江戸時代から着物の柄を染めるため使われてきた染型紙(そめかたがみ)。

伊勢白子や京都、江戸に並ぶ一大産地として喜多方(福島県会津地方)にも染型紙文化があり、東北地方の服飾文化に寄与していた。

海外からの技術の流入により1935年に途絶えたものの、その半世紀後に現存する染型紙37,000点が発見された。現在では福島県及び喜多方市の有形民俗文化財となり、研究資源として保存、管理され、近年ではその魅力を伝える活動が盛んに行われている。

産学連携

会津型のデザインを活かしたビーチサンダルのデザインコンペ
2019年秋にはAIZUGATA×Graphicsの産学連携プロジェクトの第一回目として学校法人国際総合学園FSGカレッジリーグ 国際アート&デザイン大学校と連携し、同校の学生が会津型のデザインを使ったTシャツデザイン作りに挑戦した。

今回第二回目の産学連携プロジェクトとして、会津型のデザインを活かしたビーチサンダルのデザインコンペが今年8月からスタートした。 

古くから愛される紋柄をそのまま用いながらも色や表現方法は学生ならではの発想で新たなものへと昇華され、今までにない個性輝くデザインが多く寄せられた。

そして、10月9日(金)には入賞者が発表され、株式会社ユニフォームネット 代表取締役社長 荒川広志が賞状を授与した。

              (慶尾六郎)

Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • 亜細亜大と東京都が、『飲食産業とフードツーリズムの更なる成長・発展を支える経営人材の育成』をテーマに、講座を開講(8月7日)
  • タキイ種苗と徳島大学が、スマート農業をサポート、半自動型スマート農業システム(8月2日)
  • 京都芸術大とSOU・SOUが、すべて一点物の「伊勢木綿の貫頭衣」約130着を、オンライン販売開始(7月25日)
  • 伊藤手帳、現役大学生が発案した1学期単位で使える手帳、<ワンセメ手帳>秋学期仕様版を販売開始(7月17日)
  • やくにたつもの、つくろう、産学連携プロジェクトで中学生が考案し特許を取得した、「脱着式袴SUZUKA」を発売(7月9日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件