産学連携ニュース
 産学連携ニュース

横浜国大、神奈川県立病院機構、東芝エネルギーシステムズが重粒子線がん治療装置の高度化に向けて共同研究を加速

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

横浜国大、神奈川県立病院機構、東芝エネルギーシステムズが重粒子線がん治療装置の高度化に向けて共同研究を加速

このエントリーをはてなブックマークに追加




横浜国立大学、神奈川県立病院機構、東芝エネルギーシステムズ株式会社は、がん治療における照射位置の確認や照射量を測定する共同研究の結果、複数方向からの重粒子線の照射量の三次元分布測定を約10分で実現できる手法を開発した。
産学連携

3年間機器や制御の観点から研究を支援
今回、これらの成果を踏まえ、重粒子線がん治療装置の高度化に向けた産官学連携の研究を推進する契約を4月1日より更新した。

これにより、横浜国立大学研究推進機構内に「東芝エネルギーシステムズ・神奈川県立病院機構 重粒子線がん治療装置共同研究講座」を設立、さらなる研究を開始した。

今回の共同研究講座では、線量の三次元分布測定技術について、体内の状態を踏まえて位置や照射量を治療で求められる精度にまで向上させる。

また、人工知能により画像を鮮明にしたり画像中の物体の変位を求めたりする技術、人間工学をもとにした機械学習を用いて人体の動きをトレーニングする運動学習支援技術などの研究も進める。

さらには、がん標的に対し、より正確に放射線照射するとともに、健常臓器への放射線被ばくをより低減できる手法の開発を目指す方針。                 (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • 立教大とフラーがスマホの実利用データから人々の生活パターンを可視化(7月17日)
  • 大正大とシダックスが学生・教職員を対象に新型コロナワクチンの「職域接種」を実施大学と民間企業の連携で、学生の安全確保を推進(7月10日)
  • 北大、森永乳業らが妊娠・子育て支援の産学官連携をDX化する国内初の「新しい公共」プロジェクト始動(7月3日)
  • 関西学院大と日本旅行が未来を担うZ世代の視点で旅行企画したSDGsを家族で学ぶ 「3R Trip in 滋賀」 を商品化(6月29日)
  • 岡山大学が宇宙の起源を解明する国際共同研究プロジェクト「CMB-INFLATE」に参画(6月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件