LINE、メルカリ、警視庁、中央大学がサイバーセキュリティ人材育成に向けて協定締結

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

LINE、メルカリ、警視庁、中央大学がサイバーセキュリティ人材育成に向けて協定締結

このエントリーをはてなブックマークに追加




LINE株式会社、株式会社メルカリ、警視庁サイバーセキュリティ対策本部、中央大学は、12月18日(水)に、サイバーセキュリティ人材育成に関する教育・研究活動の交流及び連携・協力を推進することを目的に「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を締結した。
産学連携

青少年向けサイバーセキュリティ教育の取り組みへ
近年、政府が提唱するSociety5.0の実現には、ビッグデータを扱うAI技術や通信技術など最新の科学技術の活用だけではなく、それを扱う人材のリテラシー向上が必要となる。

また、昨今の犯罪情勢では、サイバー攻撃による情報流出事案、不正アクセス事案などのほかにも、福祉犯罪、特殊詐欺などの犯罪とサイバー空間とを切り離すことは困難となっており、警視庁ではサイバーセキュリティの知識、技能を有した人材の育成を急務としている。

中央大学では建学の精神である「實地應用ノ素ヲ養フ」のもと「情報の仕組みと情報の法学の融合」をテーマとし、AI・IoT時代の要請にいち早く応えるため、今年4月新宿区市ヶ谷に国際情報学部を新設し、将来幅広い分野で活躍する学生に対して人材の育成に取り組んでいる。

メルカリでは2017年から、インターネットでの取引や個人間取引、金の管理に関する啓発活動として、全国の青少年や教育関係者を対象に講演活動を行っている。

LINEは2012年から青少年の情報リテラシー・情報モラルの向上およびコミュニケーショントラブルを防止することなどを目的としたネットリテラシー啓発活動に注力している。

今回の協定締結を通じ、LINE・メルカリ両社の提供するサービスは青少年の利用も多いという現状を踏まえ、まずは産・官・学連携の上で青少年向けのサイバーセキュリティ教育に取り組む。

さらに今後は、サイバーセキュリティの中核を担う人材の育成も目指す方針だ。               (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始(9月16日)
  • ベトナムのDong Nam A Collegeと日本のEdMuseがDX促進を目的とした産学連携を開始(9月4日)
  • クリエイティブジャパン、電気通信大と共同で「CLIP新型コロナ感染症予防支援システム」開発(8月29日)
  • MICINと慶應義塾大がオンライン診療を用いた重症度評価に関する研究を開始(8月21日)
  • 群馬大、相鉄バス、日本モビリティが日本初の大型バスによる遠隔監視・操作で自動運転の実証実験を実施(8月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ