TISと会津大が自律移動するロボットを活用した搬送業務自動化の実証実験を実施

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

TISと会津大が自律移動するロボットを活用した搬送業務自動化の実証実験を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加




TISインテックグループのTIS株式会社と公立大学法人会津大学は、共同で「在庫管理システムと自律移動配送ロボットを連携させた搬送業務の自動化」を目指す実証実験を会津大学内のLICTiA(先端ICTラボ)にて11月26日~11月28日で実施する。

産学連携

搬送業務のラストワンマイルの自動化がユースケース
この実証実験は、TISと会津大学が共同研究を進める「自律移動する異機種ロボットに関する要素技術の研究」の研究成果を検証することを目的としている。

FIWARE(ファイウェア)を活用しTISが開発を進めている「ロボット間のデータ連携」などを実現するプラットフォーム「RoboticBase」と、会津大学で研究開発している自律移動ロボットを連携することで、搬送業務のラストワンマイルの自動化をユースケースとして実施する。

今回の実証実験を通じて、TISでは、「RoboticBase」と様々な業務システムの容易な連携と、異機種ロボットのインターフェースを共通化することで簡単な接続が可能になる仕組みの検証を行う。

これにより、将来的には、様々な業務システムとサービスロボットを活用した業務サービスの構築を目指す。

会津大学では、クラウドロボティックスの概念による情報システムとロボットとが一体となった新しい技術を確立することで、自律移動ロボットのより柔軟な経路設定など、サービスロボットの実用化への貢献を目指す。         (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • ティアフォーが東大の研究組織と協働、自動運転AIの研究加速へ(2月22日)
  • ジャパンヘルスケア、和洋国府台女子中・高等が中学生高校生が綺麗な姿勢で歩くための共同実証実験開始(2月15日)
  • 早稲田大と日立ソリューションズがセキュリティ分野で提携(2月8日)
  • VSNが阪大らと産学連携で現役エンジニア派遣プロジェクトを始動(1月30日)
  • LIFULLと名古屋工業大が建築技術開発会社「LIFULL ArchiTech」を設立(1月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ