ユニ・チャームと東京農大が人と犬の双方の幸せホルモン増加を実証

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

ユニ・チャームと東京農大が人と犬の双方の幸せホルモン増加を実証

このエントリーをはてなブックマークに追加




ユニ・チャーム株式会社は、東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室太田光明教授と共同で、アニマルセラピーを通じた高齢者とセラピー犬の触れ合いが双方にもたらす変化を研究した。

その結果、高齢者とセラピー犬の双方において、幸せな状態を示すホルモンである"オキシトシン"分泌量の増加が見られることを発見した。
人と犬の双方の幸せホルモンが増加
協力してくれた高齢者の多くは、アニマルセラピー実施中に笑顔になり、喜んでいる様子が見られたという。

オキシトシン分泌量は、アニマルセラピー実施後に増加したことから、セラピー犬との接触が、喜びをもたらすことが明らかになった。

アニマルセラピーの実施は、高齢者に対して喜びとともに、生きる活力を生み出すと考えられるとしている。

またセラピー犬も同様に、アニマルセラピー実施後にオキシトシン分泌量が増加したことから、人と触れ合うことにより喜びを感じていることが示された。           (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • クックパッドと東北芸術工科大学が産学連携で幼児向け絵本制作へ(11月8日)
  • チャームケアと東北大が認知症改善プロジェクト 第3回 「チャーム・カレッジ」を開催(11月1日)
  • カタリベと明治大商学部小林ゼミがウェブの消費行動に関する共同研究授業を実施(10月24日)
  • 大阪芸大 × カプコン × 大阪文化芸術フェス実行委員会が 産官学連携eスポーツ大会開催(10月18日)
  • Retty、東京大学 大学院情報理工学系研究科と連携(10月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ