産学連携ニュース
 産学連携ニュース

「農商工連携プロデューサー」を育成するカードゲームが誕生

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

「農商工連携プロデューサー」を育成するカードゲームが誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加




農林水産業と商工業が連携して商品開発などをする「農商工連携」の極意が学べ、連携プロデューサーとしての育成に有効なカード型教材が開発された。

連携プロデューサー育成
これは23日の河北新報が報じたもので、仙台市の地域活性プランニングをする(株)プロジェクト地域活性が開発した、名前も「農商工連携プロデューサー・メーカー」。

プロデューサーとしての発想が身に付くカードゲーム
ゲーム感覚で意見を出し合ううちに、実際の連携で橋渡し役となるプロデューサーとしての発想が身に付くといい、研修などで使いながら商品化も視野に入れるとのこと。

カードゲーム概要
・農商工連携の成功に必要な要素、例えば「農家レストラン 大衆食堂も兼ねましょう」「バイヤーは選ばず広くアプローチ」「アイデアの言い出しっぺを活用す」といった標語を記載した157枚のカードがセットになっている。
・ゲームは4人程度で行い、カードを参加者全員に配った中から参加者は5枚を選んで手元に置き、そこから1枚を出して農商工連携の自分のアイデアを披露。
・全員が披露した後、他人の構想に対する自分の提案を付せんに書いて出し、周回する中で最後まで提案し続けた人を勝ちとする。さらに手元に残ったカードから1枚を出して同様に第2ラウンド、第3ラウンドと行うルール。


開発は「産学人材育成パートナーシップ事業」の一環
なお同社は、2008年度の経済産業省「産学人材育成パートナーシップ事業」の一環として教材セットの開発を受託し、研修用カードゲームの開発・販売を手掛ける同じ仙台市の企業と共同で取り組み、昨年度末に完成させたとのこと。

<会社概要>
名  称 (株)プロジェクト地域活性
代表者 代表取締役社長 望月孝
設  立 平成15年6月2日
資本金 1,000万円
所在地 〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡2-2-11
             パスコ仙台ビル7F
電  話 022-205-3540  F A X 022-299-1420


外部リンク

(株)プロジェクト地域活性 http://www.prokatu.jp/

引用記事 http://www.kahoku.co.jp/news/2010/07/20100723t12019.htm
Amazon.co.jp : 連携プロデューサー育成 に関連する商品



  • RIZAP、産官学金連携による行橋市「本当に〇〇歳!?体力年齢マイナス10歳プロジェクト」に参画(8月31日)
  • 地域の不動産会社と学生たちが学生寮をリノベーション(8月21日)
  • 「イノベーション・ジャパン2019~大学見本市&ビジネスマッチング~」開催(8月21日)
  • DataRobotが教育機関向けAI人材育成プログラムとエデュケーショナルライセンスを提供開始(8月9日)
  • キヤノンITソリューションズが東京理科大と実践型人材育成で産学連携(8月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件