産学連携ニュース
 産学連携ニュース

協同理念で食と農の大切さを教える「食農ティーチャー制度」--JA福岡市

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

協同理念で食と農の大切さを教える「食農ティーチャー制度」--JA福岡市

このエントリーをはてなブックマークに追加




食と農の大切さを教える「食農ティーチャー」
JA福岡市では、人と人とのつながり・助け合いを基本とする協同組合の理念のもと、豊かな地域社会の形成を目指して様々な活動を実践している。

その中に、2007年度から始めている「食農ティーチャー」というものがある。
産学連携
管内の子供たちや地域住民を対象に、農産物の栽培指導や伝統食料理教室といった安全・安心な食文化を伝え、食と農の大切さを教えるボランティア制度だ。

主に伝統食を伝える「食の先生」と、農業のすばらしさを伝える「農の先生」がいて、認定には特に基準がなく、熱意があればよく、現在は管内に23人の食農ティーチャーがいるという。
認知症予防で産学連携も
またこのほど、食農ティーチャーと大学教授が産学連携を始めた。

認知症研究をする福岡大学医学部の山田教授が、認知症予備軍に目される患者を対象に、農作業による認知症予防を試験的に始めたもので、患者に食農ティーチャーが指導に当り、いまジャガイモ栽培に取り組んでいるとのこと。

外部リンク

JA福岡市
http://www.ja-fukuoka.or.jp/aboutja/syakai/index.html

Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • DataRobotが教育機関向けAI人材育成プログラムとエデュケーショナルライセンスを提供開始(8月9日)
  • キヤノンITソリューションズが東京理科大と実践型人材育成で産学連携(8月2日)
  • NECと滋賀大、データサイエンス分野の人材育成で連携協定を締結 (7月27日)
  • 京大と凸版印刷がアートの産業応用を目指す共同研究を開始(7月20日)
  • 近畿大、吉本興業、オムロン、NTT西日本が「笑い」の測定方法を開発(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件