群馬大、相鉄バス、日本モビリティが日本初の大型バスによる遠隔監視・操作で自動運転の実証実験を実施

自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他

群馬大、相鉄バス、日本モビリティが日本初の大型バスによる遠隔監視・操作で自動運転の実証実験を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加




相鉄グループの相鉄バス株式会社と群馬大学の実施する共同研究に、日本モビリティ株式会社が開発協力し、日本初となる大型バスを用いた遠隔監視・操作での自動運転の実証実験を行った。
産学連携

自動運転「レベル4」による営業運転を目指す
これは、横浜市の「I・TOP横浜 路線バス自動運転プロジェクト」の一環として、7月27日には相鉄バス旭営業所(横浜市旭区)内で、29日にはよこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口を結ぶ約900mで実証実験を行ったもの。

今回の実証実験では、群馬大学発のベンチャー企業である日本モビリティが開発した「遠隔監視・操作システム」を旭営業所内に設置し、運転士は同システムでバスを遠隔操作した。

バスの運転席には人が座らない無人状態で実施した。大型バスの「運転席無人」「遠隔地に運転士」での実証実験は、日本で初めてとなる。

2020年度内には営業運行で2回目となる実証実験を「遠隔監視・操作システム」で予定(時期・場所は未定)するなど、今後もさまざまな実証実験を通じ、自動運転に関する社会受容性を向上させるとともに、公共交通機関網強化の可能性を検証し、自動運転「レベル4」による営業運転を目指す。     (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • ジーエルイー、東京理科大ら5者が「海洋漂着ごみ回収バッグ」を発表(10月10日)
  • ふくおかフィナンシャルグループ、九大との産学連携によるデジタルネイティブ世代向け金融サービスを開発(10月3日)
  • 追手門学院大学大学院、中小企業向け無料オンラインセミナー開催(9月30日)
  • イオン環境財団と早稲田大が環境課題解決で連携体制発足―「AEON TOWAリサーチセンター」を設立(9月26日)
  • アイブリッジが筑波大との産学連携プロジェクトを開始(9月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
    ジャストギビング(マッチング寄付)
    Yahoo! 基金
    GROUPON(マッチング寄付)
    T-SITE(Tポイント)
    mixi
    GREE
    モバゲータウン
    アメーバピグ
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    特集
    お問い合わせ



    あわせて読みたいブログパーツ