産学連携ニュース
 産学連携ニュース

追手門学院大が産学連携で大阪・茨木の名物料理を復活

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

追手門学院大が産学連携で大阪・茨木の名物料理を復活

このエントリーをはてなブックマークに追加




追手門学院大学のベンチャービジネス研究所は、大阪府茨木市の産学連携事業の一環として、地元の日本料理店の創業当時の名物料理「鶏のすき焼き」をふるさと納税の返礼品として復活させ、ブランド化に向けたプロデュースを行った。
産学連携

地元の日本料理店「成田家」の「鶏のすき焼き」に注目
ベンチャービジネス研究所では、経営学部の「経営・マーケティング専攻」と「ビジネス心理専攻」の教員と学生によるプロジェクトチームを結成し、茨木市からの補助金を得て、2018年度事業として取り組んだ。

プロジェクトチームが注目したのは、地元の日本料理店「成田家」に昭和36年の創業時に提供されていた「鶏のすき焼き」。

地元ならではの懐かしさが感じられることから、ふるさと納税の返礼品として缶詰による製品化をプロデュースし、茨木市の地域ブランドとして全国への発信を目指す。

料理そのものは成田家が担当し、プロジェクトチームでは一般消費者に対するマーケティング調査や心理学実験を実施し、一般消費者の視点や意見を反映させた企画・パッケージデザイン・Webサイト上のコピー作成を行った。

完成した「鶏のすき焼の缶詰」は、1缶290グラムで、国産の鶏もも肉と、豆腐、白ねぎ、えのき茸、椎茸(地場産野菜)などを、創業当時のレシピの割下で甘辛く仕上げたもの。温めればそのまま食べることができる。          (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • DataRobotが教育機関向けAI人材育成プログラムとエデュケーショナルライセンスを提供開始(8月9日)
  • キヤノンITソリューションズが東京理科大と実践型人材育成で産学連携(8月2日)
  • NECと滋賀大、データサイエンス分野の人材育成で連携協定を締結 (7月27日)
  • 京大と凸版印刷がアートの産業応用を目指す共同研究を開始(7月20日)
  • 近畿大、吉本興業、オムロン、NTT西日本が「笑い」の測定方法を開発(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件