産学連携ニュース
 産学連携ニュース

クラボウ、作業現場のリスク管理をIoTで支援する「スマートフィット for work」サービスを提供開始

素材
自動車
医療&健康
衣食住
環境
教育
中小ベンチャー
その他
東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



あわせて読みたいブログパーツ

クラボウ、作業現場のリスク管理をIoTで支援する「スマートフィット for work」サービスを提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加




クラボウ繊維事業部は、同社のシャツ型スマート衣料「Smartfit(スマートフィット)」を使用し、暑熱環境下における作業リスク管理を支援するシステム「Smartfit for work」を開発した。

建設業、運輸業、製造業などの企業向けにサービスを提供するにあたり5月28日より受注を開始した。
産学連携

阪大および日本気象協会と共同で開発
近年、平均気温の上昇などにより熱中症の被害が増加傾向にある中、屋外や高温・多湿な環境で作業を行う建設業や運輸業などでは、暑熱環境下における作業リスク(以下暑熱作業リスク)対策へのニーズが高まっている。

そのような労働現場に向けて、同社は、スマート衣料の活用によりヒト・モノ・データを統合し作業リスクを適切かつ容易に推定できるサイバーフィジカルシステム(CPS)の構築を目指し、2017年3月より産学連携のプロジェクトを開始。

2017年夏に実際の作業現場で実施した「Smartfit」着用モニター調査で取得した作業者の生体情報を解析し、作業者ごとの暑熱作業リスクをリアルタイムに推定できる独自のアルゴリズムを国立大学法人大阪大学基礎工学研究科および一般財団法人日本気象協会と共同で開発した。

さらに個人の体調変化を把握する独自のアルゴリズムも融合し、職種や作業環境が多様な労働現場における作業リスクの低減を支援するシステムを構築した。
産学連携

生体情報をスマホ経由でクラウドサーバーに送信
「Smartfit」から取得した作業者の生体情報(心拍・温度・加速度)をスマートフォン経由でクラウドサーバーに送信し、作業地域の気象情報を融合した解析アルゴリズムにより暑熱作業リスクをリアルタイムに推定し通知する。

このほか、作業者の日々の体調変化を推定し通知。自動学習(AI)機能により過去の個人のデータを踏まえた体調の変化が把握できるため、暑熱作業リスク情報との併用でより精度の高い作業管理などに役立てられるという。          (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : 産学連携 に関連する商品



  • リクルートメディカルキャリアや東大ら5者連携で薬剤師人材の特性解析に関する共同研究開始(5月15日)
  • コープデリ連合会と東京藝大がオリジナルデザイン商品6アイテムを発売(5月12日)
  • ユニ・チャームと東京農大が人と犬の双方の幸せホルモン増加を実証(5月3日)
  • 「株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)設立20周年記念シンポジウム開催(4月25日)
  • 武蔵野銀行と東洋大が「デジタルエンジニアリングアカデミー」を開講(4月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    産学連携 新着30件